Skype for Business Server2019(Standard Edition)インストールしてみた。

らら
らら

はじめに

テレワーク中、コミュニケーションツールで、外部サービスを利用していたが、パスワードなどのやり取りが発覚したため、オンプレで構築することにした時のメモ、

Pマークの社内ルールで、コミュニケーションツールもメールと同様のルールがあるが、なかなかむずい。

なので外部へデータを記憶させないように、内部チャットにすることが目的

とりあえず、テレワーク期間だけなので、Action PackのSkype for Business Server2019を使うことにした。

準備

Active Directoryサーバー構築が必要(別サーバー)

Exchangeサーバーが必要(別サーバー)

Windows Server DNS サーバー(別サーバー)

証明機関のインストール、プライベート認証局サーバ用(ADサーバー)

Microsoft SQL Server 2016 Service Pack 2 Express(Skypeサーバー)

Skype for Business Server2019(Standard Edition)(Skypeサーバー)

注意)SQL Server Express2019ではSQL Server Reporting ServiceがないのでSkypeの監視レポートは使用できません。

今回は、Exchangeサーバー社内メール用が、すでに構築済みなのでActive Directoryのプライマリ、セカンダリ、DNSは構築済み

別途、証明機関をActive Directoryのプライマリに構築

構築方法は、下記から

WindowsServer2019に証明機関をインストール

https://www.omakase.net/blog/2021/06/windowsserver2019.html

Skypeサーバー構築

とりあえず、臨時?なので、Hyper-v上にメモリ8G、HDD 1TBでテスト用に仮想サーバー作成

インストールされたWindows Server 2019 Standardをドメインに参加

システム情報(システムのプロパティ)のコンピュータ名、ドメインおよびワークグループの設定から

コンピュータ名を変更したりドメインやワークグループを変更したりするには変更・・

で変更をクリック

コンピュータ名と所属するグループでドメインに参加させる。

ログインはADの管理者でログイン

役割と機能の追加→.Net Framework 3.5をインストール(Skype for Business Server2019インストール用)

Microsoft SQL Server 2016 Service Pack 2 Expressをインストール(標準インストール)設定はなにもしない。

共有フォルダー作成

C:\Shareを作成して、このフォルダーを共有するにチェック

Everyoneをフルアクセス

共有する

Everyoneを追加

権限追加

注意)ドメイン参加のアカウントでインストールする。

Power Shell管理者権限で役割と機能の追加をコマンドで追加


Add-WindowsFeature NET-Framework-Core, RSAT-ADDS, Windows-Identity-Foundation, Web-Server, Web-Static-Content, Web-Default-Doc, Web-Http-Errors, Web-Dir-Browsing, Web-Asp-Net, Web-Net-Ext, Web-ISAPI-Ext, Web-ISAPI-Filter, Web-Http-Logging, Web-Log-Libraries, Web-Request-Monitor, Web-Http-Tracing, Web-Basic-Auth, Web-Windows-Auth, Web-Client-Auth, Web-Filtering, Web-Stat-Compression, Web-Dyn-Compression, NET-WCF-HTTP-Activation45, Web-Asp-Net45, Web-Mgmt-Tools, Web-Scripting-Tools, Web-Mgmt-Compat, Server-Media-Foundation, BITS

再起動後、Skype for Business Serverをインストールします。

Skype for Business Server2019をインストール

Skype for Business Server2019 ISOファイルをマウントしてSetup.exeを実行

Setup.exe実行後、必要ファイルがインストールされ、下記の画面が表示されます。

インストール1

1.ActiveDirectoryの準備

キャプチャーし忘れ。です。はい。上書きしてました。。

下記ぐらいが選択だったと思います。事前にActive Directory、証明機関、DNSサーバーが動作していれば

すんなり完了します。

スキーマ準備、フォレストの準備、ユニバーサルグループの場所と進んでいきます。

ユニバーサルグループの場所はローカルドメイン選択

2.最初のStandard Editionサーバーの準備

インストール2

3.管理ツールのインストール

インストール3

トポロジ作成

管理ツールのインストール後、ウィンドウズメニューの

Skype for Business Server2019のSkype for Business Server Topology Builderを起動します。

Topology Builder

ここからは、1回失敗したので、これ以前の状態をHyper-vで複製して5-6回やりました・・・

仮想便利ですねぇー。フルでチェックしていくと、プールの作成などで、うまくいかず、徐々にオプション削っていきました・・

トポロジビルダーで1度インストールしている場合エラーになるので、下記コマンドでクリアします。

Power Shell管理権限で


Remove-CSConfigurationStoreLocation

新しいトポロジを選択します。

この時にトポロジを保存する選択がでるので筆者はマイドキュメントにtopology.tbxmlで指定しました。

インストール6

プライマリSIPドメインを入力します。

skype.あなたのドメインにする場合、あなたのドメイン部分だけ入力します。

それ以外にmeet.あなたのドメイン,dailin.あなたのドメインなどドメインができます・

インストール7

追加しないのでそのまま次へ

インストール8

お好みの名前を入力します

インストール9

入れても入れなくもOKです。次へ多分 nagoya-city aichi japanとか・・

インストール10

このウィザードの終了時に新しいフロントエンドウィザードを開くにチェック

インストール11

新しいフロントエンドプールの定義 次へ

インストール12

新しいフロントエンドプールの定義 FQDNここでは、IISで接続したりする管理ドメインを入力します。

Standardを選択

インストール13

処理したいものをチェックします。

インストール14

筆者はこの辺りをチェックしたりして、はまりました。w

インストール15

筆者はこの辺りをチェックしたりして、はまりました。w

インストール16

Microsoft SQL Server 2016 Service Pack 2 Expressを先にインストールしていれば自動ででるはず。

インストール17

ここもShareを作っていれば、自動ででるのでそのまま次へ

インストール18

そのまま次へ

インストール19

筆者はパワポつかわないので次へ、はじめのほうはチェックしてましたが、うまくいかず・・

インストール20

SQLサーバーのインタンスをホスト名とかで。

インストール21

サンプルはホスト名です。

インストール22

現在のままだとファイルに保存されてままなので、操作でトポロジの公開をします。

この時点で設定が反映されます。一度いれてしまうと。Remove-CSConfigurationStoreLocationとかでけさないと

だめかもしれません。筆者はHyper-vのコピーでやり直ししました。w

インストール23

次へ

インストール24

次へ

インストール25

次へ

インストール26

完了です。

インストール27

4.Skpe for Business Serverシステムのインストールまたは更新

下記を表示するので上から順に

インストール28 インストール29

ローカル構成ストアのインストールを実行します。

インストール30

完了です。

インストール31

Skype for Business Serverコンポーネントのセットアップ

インストール32

エラーです。。w

インストール33

Power Shell管理者権限で下記を実行して再起動。

このセットアップはウィンドウズメニューから起動できます。Skype for Business Server Deployment Wizardです


Add-WindowsFeature RSAT-ADDS, Web-Server, Web-Static-Content, Web-Default-Doc, Web-Http-Errors, Web-Asp-Net, Web-Net-Ext, Web-ISAPI-Ext, Web-ISAPI-Filter, Web-Http-Logging, Web-Log-Libraries, Web-Request-Monitor, Web-Http-Tracing, Web-Basic-Auth, Web-Windows-Auth, Web-Client-Auth, Web-Filtering, Web-Stat-Compression, Web-Dyn-Compression, NET-WCF-HTTP-Activation45, Web-Asp-Net45, Web-Mgmt-Tools, Web-Scripting-Tools, Web-Mgmt-Compat, Windows-Identity-Foundation, Server-Media-Foundation, Telnet-Client, BITS, ManagementOData, Web-Mgmt-Console, Web-Metabase, Web-Lgcy-Mgmt-Console, Web-Lgcy-Scripting, Web-WMI, Web-Scripting-Tools, Web-Mgmt-Service

インストール34

完了です。再起動します。

インストール35

再起動後、完了マークがつかないので再度実行

インストール36

証明書ウィザード青く選択されているものから要求をクリック

インストール37

そのまま次へ

インストール38

そのまま次へ

インストール39

そのまま次へ

インストール40

そのまま次へ

インストール41

そのまま次へ

インストール42

そのまま次へ

インストール43

完了後。残りも同じように次へ次へ次へ次へ。。。

インストール44

証明書が完了したらSkype for Business Server Management Shellで


Start-CSWindowsService

インストール45

エラーになったので


Install-CsDatabase -Update -LocalDatabases

後再度で完了


Start-CSWindowsService

インストール46

6.Skpe for Business Server Control Panelを起動

この時、ログインする権限がないので

Active Directoryのプライマリでユーザーとコンピュータでログインしたいアカウントで

管理者にしたい人の所属するグループに下記のいずれかを登録

CsUserAdministrator または CsAdministrator

ログイン後下記が表示されSilverlightのインストールが必要 インストールします。

インストール50 インストール51

コントロールパネルが表示されました。

インストール52

7.Skpe for Business Serverユーザー登録

コンパネログイン後、下記をクリックします。

インストール53

追加をクリック

インストール54

ADに登録されている、苗字。メールのユーザ名等で検索します。

インストール55

ユーザーを割り当てるプールを選択して、テレフォニーを選択して有効にします。

インストール56

あとはユーザー分繰り返してください。

8.Skpe for Business クライアント

ギアマークを選択

インストール57

設定の個人を選択してサインインアドレスに、Exchangeのメールアドレスを入力します。

詳細設定で手動構成内部・外部にSkpe for Business Serverで登録したFQDNをいれます。

インストール58

設定後Skpe for Business クライアントログインに戻りパスワード入力がでればOKです。

ログインできない場合は、CAを手動で入れます。

証明書は、WindowsServer2019に証明機関をインストールした。サーバで証明機関を見ると自動登録されています。

https://あなたのSkpeサーバーに登録したドメインでアクセスすると。

下記のエラーがでますが、ブラウザーの鍵マークで証明書名が確認できます。


Server Error
403 - Forbidden: Access is denied.
You do not have permission to view this directory or page using the credentials that you supplied.

エクスポートとインポートは下記を参照。

WindowsServer2019に証明機関をインストール

https://www.omakase.net/blog/2021/06/windowsserver2019.html

追記

ビデオ、音声、チャットは順調に動作していたが、outlookの会議をクリックすると、meet.FQDNが動作していないことがわかった。

調べると、windowsサーバの構築したDNSに手動で登録しないといけないことが判明・・

AレコードにmeetとdailinをローカルIPアドレスと一緒に登録したら、動くようになった。。自動で入れてくれないんですね。。

インストール59

ひょっとしたら、何度も入れなおしたプールの設定も、手動で登録しないといけなくて。やってないから動かない・・とか・・

さいごに

なげぇよぉ。。。もう。。。って。。はい。

MSのドキュメント読んでると、頭痛がします。翻訳が・・・昔みたいなワードのやつないんですかね・・

Skpe for Business Serverって2021/7月で終わるんでしょ。。はい。オンラインがね。

Teamsでいいんじゃ。。はい。外部サービスなんで。。内部専用がやりたいんで・・

Skpe for Business ServerとTeamsが連携できるような記事あったのでやってみましたが。。疲れました・・

連携やるのかなぁ。。内部だけでいいやん。。

関連記事