メンテナンス・サポート終了

ゴメ
ゴメ

最近やたらと「メンテナンス終了」「サポート終了」などのアナウンスが頻繁に届くようになった。

Windows 7から始まり、Adobe Flash Player、Plesk Onyx、TLS 1.0/1.1、CentOS 6などなど挙げたらきりがないくらい。

特に「CentOS 8サポート打ち切り」は衝撃的だ。

CentOS 8はリリースされたばかりのアーキテクチャ。

RedHatに寄せるようなStreamのシフト。

みなさんセキュリティ対策でバージョン8にアップデートしたのではないだろうか?

やはり資本関係やいわゆるマネーゲーム(ぜにかね)の問題で「普遍的」なものは少なくなっているのだろうか?

一体どこに向いているのやら?!

関連記事