FastStone Captureの紹介(有料)

らら
らら

はじめに

資料を作成したり、現在の画面表示に修正を指示する場合、その画面などをキャプチャーとって、その画像に説明をつけるのに、キャプチャーしてワード・photoshopなどを起動して行ってませんか?

今回紹介するソフトは、そんな操作を1つのソフトで行えるものです。しかも快適に操作できます。

FastStone Capture5.3までは無料だったんですが、現在FastStone Capture9.4では有料です。(2020年10月時点)

試用期間は30日あるのでいろいろ試してみるのもよいかと、こんな高機能で約2000円です。ボリュームディスカウントもあり

ダウンロード

下記のサイトからダウンロードできます。

FastStone Captureダウンロード

https://www.faststone.org/FSCaptureDetail.htm

ダウンロードは、exeタイプをダウンロードすれば、そのファイルを実行すれば簡単に、インストールできます。

ん?英語じゃない?ってお嘆きの方は、本家に推奨されていないかもしれませんが。日本語化できます。

本ページ末尾にリンクがあります。

使用例

よく使用機能するだけを番号をふっています。この番号を付ける作業もこのソフトで作成しています。

faststonecaptureメニュー

  1. 選択範囲をキャプチャーできます。
  2. ブラウザーなどスクロールがあるウィンドウをスクロールしながらキャプチャーできます。
  3. キャプチャーとは関係ありませんがカラーピッカーもあります。
  4. キャプチャーとは関係ありませんが画面ルーラーもあります。

画像を編集するには、描画ボタンをクリックします。

faststonecapture描画

数字の連番の例

faststonecapture連番

④のルーラーの使用例

faststonecaptureルーラー

③のカラーピッカーの使用例

faststonecaptureカラーピッカー

キャプチャー後は専用のエディターで編集ができます。例は赤の透明四角枠

faststonecapture四角枠

キャプチャー後は専用のエディターで編集ができます。例はぼかし

faststonecaptureぼかし

キャプチャー後は専用のエディターで編集ができます。例は吹き出し

faststonecapture吹き出し

キャプチャー後は専用のエディターで編集ができます。例はマーカー

faststonecaptureマーカー

キャプチャー後は専用のエディターで編集ができます。例は矢印

faststonecapture矢印

最後に

いかがだったでしょうか?今回、機能を説明したのは、ほんの一部です。

ちなみに、ここで使用している画像はすべてFastStone Captureで作成しています。

欠点としては、編集した画像は、PSDのようにレイヤーで保存されず、保存後は、修正できないことです。ただ、使用方法など工夫すれば、有効に使用できるかと思います。

関連サイト

本家サイト(英語)

https://www.faststone.org/FSCaptureDetail.htm

日本語化

http://tiltstr.seesaa.net/article/125999663.html

関連記事