ドメインマーケティング

ゴメ
ゴメ

「omakase.net」「ccv.co.jp」「comjp.net」など、電脳職人村ではパートナー企業合わせますと1000以上のドメインを保有しています。

ドメインは番地を示すもので、世の中には二つとして同じドメインは存在しなく、既得権で先に取得したら後では取得できません。

ただし商標がらみの場合は例外になります。

現時点でドメインの種類は世界で1500以上あります。

ドメインの種類もお馴染みの「.com」「.co.jp」「.jp」などなどトップレベルドメイン(TLD)と言われる国に属さない「日本であればJP」「中国であればCN」それぞれ属性を持ってる場合が多いです。

ドメイン.gif

「co.jp」であれば日本の会社

「ne.jp」であれば日本国内のネットワークを扱う会社

「or.jp」であれば日本国内の非営利団体などなど属性があります。

ただ、例外も多く、「.com」「.net」「.org」は世界各国で誰でも取得が可能で、これこそ早いもん勝ちになり、取得したいドメインは枯渇してます。

工夫して、「xxxjp.com」「xxxco.jp」など少しでも属性は持ちたいなど要望が多くあります。

本題

今回はドメインの種類ではなく、ドメイン名について少しだけお伝えします。

ドメイン名は弊社は「omakase.net」を指します。

意味合いは「インターネットことなら何でも電脳職人村におまかせください!」から設立ともに1999年取得しました。

ドメインの価値やドメインの有効性は、SEOの観点でもドメインに属性を持たせることや、取得した時期を評価するオールドドメイン、ドメインの力を示すスコアなどがあります。

〇〇〇〇〇屋さんに「〇〇〇〇〇.com」「〇〇〇〇〇.jp」をお勧めします。

例:うどん屋さん「udon.com」、ビール屋さん「beer.jp」などです。

弊社の実績でも実証済です。

関連記事